事件

矢吹雄太容疑者の顔画像「自分の年収以上のお金が目の前に」三鷹警察署地域課の巡査長

事件

矢吹雄太容疑者の顔画像をFacebookとInstagramを通じて調査しています。矢吹雄太容疑者は25歳の三鷹警察署地域課の巡査長ですが、60代男性の住宅から約600万円を盗んだ疑いで邸宅侵入と窃盗尾の容疑で逮捕されました。自宅の住所は東京都三鷹市下連雀です。

警視庁公安部の警察官で巡査部長の男が10代の女性に性的暴行を加えた疑いで逮捕される事件もありました。

小林徳之容疑者は警察庁公安部の巡査部長「警察官の経験を活かした犯行か」

21歳の仙台北警察署地域課の巡査が26歳の男性をはねて逃げたひき逃げ事件の犯人として逮捕されました。

仙台北警察署の森瑠世容疑者「警察の交通違反の処分は一般人より厳しい」

警察の不祥事では、過去に一方通行にも関わらず逆走し、ドライブレコーダーを削除し、交通違反をもみ消すという事件もありました。

淀川警察署のパトカー逆走した警察官の名前や顔写真は?「本来は取り締まる立場」

矢吹雄太容疑者の顔画像「FacebookとInstagramを調査」

矢吹雄太容疑者の顔画像は報じられていません。

そこでFacebookとInstagramを通じて調査してみました。

名前と25歳の東京都三鷹市在住という情報を基に調べてみると、同じ東京都に住む同姓同名のアカウントがありました。

20代前半ほどの顔写真ですが、東京都ではありますが三鷹市ではなく、投稿もなく本人とは断定できず、別人の可能性も十分に考えられそうです。

矢吹雄太容疑者のフェイスブック

インスタグラムでも同様に調べてみると、こちらも多数の同じ名前のアカウントがありました。
しかし、こちらも完全には一致するアカウントはありませんでした。

矢吹雄太容疑者のインスタグラム

矢吹雄太容疑者は三鷹警察署地域課の巡査長「警察の階級でいうと新人」

矢吹雄太容疑者は25歳の三鷹警察署地域課の巡査長です。
自宅の住所は東京都三鷹市下連雀です。

25歳の三鷹警察署地域課の巡査長

巡査長とのことですが、一般人にはいまいち階級が偉いのかどうかピンと来ない方もいるのではないでしょうか。

巡査”長”とは付いていますが、全体の階級の中では新人の部類に入ります。
巡査長の上に巡査部長があり、警部補、警部と上がっていき、一番上の階級は警視総監となっています。

巡査長の警察での階級

警視庁三鷹警察署は東京都三鷹市にある警察署です。
口コミを見てみると、賛否両論となっていました。

  • 電話相談はダメ
  • 電話を受けた人は丁寧に話を聞いてくれたが、上の者に変わってからは無しを全て突っぱねられた
  • 威圧的な方と穏やかな方がいる
  • 書類で分からないことで問い合わせたら、優しく丁寧な対応だった
  • 信じられないほど横柄な態度の電話がかかってきた
  • 態度の多い警官がとても多い(一名の刑事さんはとても親切)
  • 市役所と同じく対応は人それぞれ

警視庁三鷹警察署

矢吹雄太容疑者は600万円盗んだ疑いで逮捕「自分の年収より多いお金に目が眩んだか」

矢吹雄太容疑者は60代男性の住宅から約600万円を盗んだ疑いで邸宅侵入と窃盗尾の容疑で逮捕されました。

約600万円を盗んだ疑いで邸宅侵入と窃盗尾の容疑で逮捕

巡査長の年収は440万円~736万円となっていますが、年収は年功によっても大きく差が出ます。
25歳という若さを考慮すると、736万円よりは440万円寄りの年収だと考えられます。

600万円となると自分が1年間一生懸命働いて稼ぐ年収と同じか、それよりも多い金額だということになります。

その札束が目の前にあれば、いくら警察官とはいえ魔がさしてしまうものなのでしょうか。

過去には自衛官の男が強盗事件で逮捕されるという事件も発生していました。

自衛官の中桐海知容疑者「自衛隊では過去にも様々な不祥事」連続強盗事件

巡査長の年収

(追記)矢吹雄太容疑者の大学は国士館か「中学から柔道を経験か」

矢吹雄太容疑者について調べていると、同姓同名の人物が柔道の大会に出場していました。

2018年の全国体育系学生柔道体重別選手権大会に73㎏級で、国士舘大学の矢吹雄太選手が出場していました。

2018年に大学生ということは当時18歳~22歳で、5年後だと現在23歳~27歳になりますが、逮捕されたのは25歳で年齢では矛盾がありませんでしたが、十分に別人の可能性も考えられそうです。

さらに調べてみると、平成24年(2012年)にも当時国士館中学校の矢吹雄太選手が大会に出場していました。

先ほどの2018年の矢吹雄太選手と同一人物でしょうか、国士館中学校から大学まで国士舘に進んだと予想出来ます。

そして中学校でも73㎏で出場しており、体型をそのまま維持していたのでしょうか。

小林徳之容疑者は警察庁公安部の巡査部長「警察官の経験を活かした犯行か」

仙台北警察署の森瑠世容疑者「警察の交通違反の処分は一般人より厳しい」

淀川警察署のパトカー逆走した警察官の名前や顔写真は?「本来は取り締まる立場」

モラトリアムニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました